アカナ・パシフィカキャット半額で売られている!安くてやばい!?【賞味期限】

Amazonで安すぎるアカナ・パシフィカキャットを購入してみた

今までずっと、すずともものキャットフードはウェルネスコア子猫用を与えていました!

毎日ずっとこればっかり。

 

四六時中毎日おなじ食事ってどうなの?ねぇ?どうなの?

 

で、ウェルネスコアのデメリットというかイマイチだなっていうところは、800gと400gの2種類のパッケージしかないところ。

 

大きい方で800gですから、猫2匹がいる多頭飼いでは、月に何度も何度もイオンペットショップに足を運ばなければなりません。

1日あたり大体50gずつぐらいあげていますからね。猫2匹で約10日でなくなっちゃいます。

お値段も800gで2000円弱するので、出費がかさむなあと思っていました…。

 

で、少しコスパの良いような大容量のキャットフードをAmazonでチェックしました。

すると、なんとあの有名なプレミアムキャットフードの「アカナ」が1.8kg入で3500円ぐらいで売っているではないですか!

アカナとウェルネスコアのお値段(Amazon・6月15日現在)を比較すると・・・

  • アカナパシフィカキャット1.8kg=3758円=約209円/100g
  • ウェルネスコア子猫用800g=1855円=約231円/100g

と両者を比較すると、アカナのほうが若干コスパ良さげ!

(※ウェルネスコア子猫用は、こちらの記事で書いた、定期お得便割引15%オフを適用したお値段です。)

ウェルネスコアを購入するならAmazonで定期お得便が最安値!
ウェルネスコア子猫用を最安値で購入する方法はAmazon

 

アカナは、プレミアムキャットフード販売しているオリジンと同じ会社が出しています。

いろんなネットの情報を見ても、アカナやオリジンはランキング上位に入るくらい人気のキャットフード。

アカナキャットフードは3種類の味があります。

  • ワイルドプレーリー=鶏肉
  • パシフィカ=魚肉
  • グラスランド=ラム肉(羊)

うちも、アカナパシフィカキャットを購入してみました!

ちなみになぜお魚ベースの「パシフィカキャット」を選んだかというと、3種類のうち一番毛艶にいいとのこと!(オメガ3の含有量が多い)

 

私が感じた評価やレビュー・半額で販売している理由・賞味期限などを詳しくレポートしたいと思います!

アカナパシフィカキャットの第一印象はクサイ!

アカナパシフィカキャットの第一印象ですが、とにかく私には鼻を背けたくなるような臭いでした。

のっけから壮大なディスに驚愕!

表現すると、「乾燥させた煮干しにほのかに甘い香りをつけて、粉々にすり潰したような臭い」といった感じです。

ちょっと伝わりにくいですが、とにかくお魚の匂いが袋を開けた途端部屋中に充満します。

主な原材料がニシン・タラ・カレイといったお魚メインで50%以上配合しているから仕方ないかもしれませんね。

ほぼお魚をあげていると言っていいかもしれません。

アカナパシフィカキャットの食いつきは?

前項で、私たち人間にとってちょっとニオイがキツイと評価しました。

しかし肝心の猫ちゃんたちにとっては、興味をそそる非常に良い匂いなのかもしれません。

与えた初日からバクバクと二匹とも、ペロリと完食しました。

わいらは、めちゃうまもぐもぐやで★

全く食べなかったという評価も見られましたので、とりあえず食べてくれてホッと一安心。

 

今ではウェルネスコアと一緒に混ぜて与えています。

先にアカナパシフィカキャットをバクバク食べてしまい、いつもウェルネスコアの小さな粒がお皿に残っている感じですね。

気に入ってくれたようです。

アカナパシフィカキャットが半額で売られていて賞味期限が心配?

正直一番心配なのはこれじゃないですかね?

約半額で売られているのには理由があります。

2018年6月9日に購入したアカナパシフィカキャットですが、賞味期限は2018年の11月と印字されていました。

アカナがAmazonで安く売られている理由は賞味期限が迫っているから!

賞味期限は2018年11月19日

ということは、約5ヶ月で食べ切らなければいけないということですね。

つまり、賞味期限が短いキャットフードをアウトレット品としてお安く提供しているということです。

(アカナ公式サイトで販売されているものは、約15ヶ月後の賞味期限)

長い間炎天下の元、保存されていたのならばめちゃくちゃ心配です。

なんせ、人工的な保存料・酸化防止剤は一切しようされてませんから。

 

Amazonでは、サクラソーケンネルさんという会社が販売しています。

で、いろいろ調べてみると、お店の倉庫を見つけることができました。

 

ホームページもあったので引用させていただくと、

ご注文の商品はメーカー直送の商品を除きこの倉庫から出荷しています。
商品の入庫時も必ず早朝の指定で運送会社及び各メーカーのドライバーにお願いしています。
倉庫の大きさは約50坪ありますが商品を傷めない様に一年中業務用エアコン5馬力×2台にて温度と湿度を管理しています。
真夏の時期は日中は2台フル稼働、夕方から翌朝の間は1台稼働で24時間エアコンを使用して常に倉庫内は20度前後に保っていますのでご安心ください。

このように記載されていて倉庫内の様子も画像が載っています。

サクラソーケンネルさん倉庫内様子
http://www.sakurasow-corgi.com/original2.html

 

アカナパシフィカキャットに変えて毛並み・毛艶の変化は?

まだ変えてみて間もないので、驚くべき変化は見られません。

若干効果を感じられるなと思ったのが、ももの目ヤニ・涙やけが減ったような気がします。

ウェルネスコアを与えている頃は、ももは毎日、目ヤニがついていて黒く乾燥していたカスがついていたのですが、最近は見られなくなりました。

 

もう一つの変化は、デメリットかもしれませんが、若干うんちが前よりも柔らかくなったように思えます。

それでも下痢といったような感じではなく、以前に比べて柔らかい感じです。

アカナパシフィカキャットをもっと安くもっとお得に最安値で購入する方法

アカナパシフィカキャットは、3種類のサイズが販売されています。

大容量になればなるほど100gあたりのお値段は安くなります。

アカナパシフィカキャット価格(Amazon・6月15日現在)

  • 340g=1230円=362円/100g
  • 1.8kg=3758円=209円/100g
  • 5.4kg=9797円=181円/100g

 

となり、340g入りパックと5.4kg入りパックを比べると、2倍の価格差があります。

楽天ショップでアカナパシフィカキャットの5.4kg入りを検索してみると多くのお店が出品していました。

日頃から楽天ショップでお買い物している方はポイントが付くのでこちらの方がお得かもしれませんね。

アカナパシフィカキャット・購入まとめ

ペットショップなどの店舗では、アカナパシフィカキャットは定価で売られていると思います。

1.8kg入りでおよそ6000円弱になります…。

ネット通販だと40%オフくらいが相場で、3000円代で購入することができます。

 

ネット通販だと、「どんな会社が販売しているのか」「どんな倉庫で保存しているのか」分かりにくいですが、良心的なお店も多く存在します。

 

今回挙げた、店舗さんも画像付きでお店の様子・倉庫の様子などを惜しみなく掲載しているので安心できるかとは思います。

信頼できるお店で、賢くお安く、愛猫のキャットフードを購入したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。