子猫がくしゃみをする!病院に連れて行くべき?【猫風邪体験談】

ネコの鼻水・くしゃみの症状・猫風邪体験談

我が家で暮らしはじめた猫のすず。

2.3日前から、くしゃみがひどくて心配でした。

 

昼夜問わずにくしゃみ連発で涙目状態。

盛大に唾・鼻水が噴出するくしゃみ。

寝てる時に何度も顔にかけられました。

 

生後2ヶ月の子猫なので不安でいっぱい。

  • 室温が低くて、寒いの?
  • 猫風邪っていうやつ?
  • もしかしてアレルギー?

 

とりあえず安心するためにすぐに病院へ!

このページは、飼い猫がくしゃみ・鼻水・涙の症状が出て、病院で「猫風邪」と診断された体験談です。

子猫がクシャミ・涙・鼻水!衝撃の事実を突きつけられる!

ネットである程度調べましたが、病院に先生に診てもらうのが一番。

結果からいうと、「ネコ風邪の初期症状」とのこと。

 

そして、猫風邪は感染症なので他のネコからもらっているとのことです。

ということは、ペットショップ内で感染…。

 

最近よくある、同じゲージ内で過ごす多頭飼いタイプのペットショップ。

社会性を育むのに良いようですが、病気などはすぐに拡がってしまいますね。

ブリーダーさんの猫舎でも多頭飼いスタイルが多いと思います。

お目当ての犬・猫以外の健康状態もしっかりチェック!

 

初期症状なら薬、注射は必要ない

話がそれてしまいました。

軽度の猫風邪とのことなので、「インターフェロン注射」や「抗生物質」などの治療薬は、今回処方されませんでした。

もっと、粘り気のある青っ鼻が出てきたり、涙がひどくなってくると、要注意とおっしゃってました。

 

目の炎症を抑える

  • ゲンタロール点眼液+インターフェロン
  • ティアローズ点眼液

2種類の目薬を処方されました。

 

先生曰く、薬に頼らず免疫力を上げていこうとのことです。

自然に回復するのか心配ですが、猫の治癒力を信じましょう。

 

猫に目薬を点眼する場合は眠たそう時のまったりタイムに

病院から帰宅して、すずちゃんに初めての目薬。

お昼寝タイムに抱っこして撫でながら素早く点眼しました。

 

すず自身、初めての体験でわからなかったのか、ウトウトとぼーっとしていたのか、大人しくてお利口さんでした。

 

ちなみに、2種類の点眼薬、1日4回、計8回も点眼しなけらばなりません。

2回目はガッツリ目が冴えているときにやったら、爪を立てて大暴れ…。

目薬ちょーこえー!

次回からは、眠たそうなぼーっとしているときに決行させていただきます!

 

環境大事!室温は22度・湿度は50%

我が家では、乾燥するのがイヤで暖房はつけていなかったのですが、やっぱり猫ちゃんのために室温は22度ぐらいが快適とのこと。

また、乾燥もウィルスが活発化し感染症になりやすいので、冬は加湿器も必須。

部屋の湿度は50%程度が望ましいようです。

 

夏場は逆ですね。冷房&除湿して、1年中快適な環境を作ってあげたいです。

 

猫風邪(初期症状)の診察料金は4,500円

初診料+点眼液あわせて4,500円と意外に安かったです。

猫風邪で動物病院の診察の領収書

初診料と点眼薬あわせて4,500円

これは軽度の猫風邪ですし、目薬2つだけの処方だからですね。

重症になればなるほど、薬・検査等も必要になってくるから、料金は高くなります。

 

調べてみると、猫風邪をナメていると重症化し、入院・点滴なども必要な場合があるようです。

入院費などもバカになりません。

ペット保険の加入を検討します。

おすすめがあればコメント欄で教えてください

 

早期発見・早期治療が猫にとっても経済的にも安心

今回、獣医さんにすぐに診てもらってよかったです。

最初は、猫じゃらしのホコリでクシュンクシュンとくしゃみしているのかな?程度に思っていました。

 

しかし、よく見ると透明でサラサラの鼻水を垂らしていたのです。

(すぐにペロッと舐めて気づきませんでした)

 

猫風邪は、人間の風邪と同じようにすぐに治る病気ではなく、治るのに2週間以上かかる場合もあるようです。

くしゃみをすること自体、異常なこと。

 

もし、飼っている猫がくしゃみしていたり、涙がひどかったりしたら、自己解決せずにすぐに病院に連れて行く方が懸命です。

早期治療すれば、猫ちゃんの健康のためにも・経済的にも安心です!

 

▼今日のおすず▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。