猫がお手!?簡単にできるクリッカートレーニングがすごすぎた!

猫にお手をさせるのは、意外に簡単にできる

一緒に暮らしているブリティッシュショートヘアのすずとスコティッシュフォールドのもも。

見事トレーニング開始から、2,3日で「お手」ができるようになりました!

意外にも、トレーニングすることにより、どんな猫ちゃんも「お手」ぐらいならばすぐにできるようになるみたいですよ!

まずはこの動画をご覧ください。うちの猫ちゃんたちです笑

クリッカートレーニング、またはクリッカーゲームと言うトレーニング方法でお手などは習得することができます。

猫のクリッカートレーニングとは

クリッカートレーニングというのは、「一定の音」とごほうびを使って猫や犬にしつけやコマンドを教える方法です。

猫に音がカチッなることが正解と認識させるようにします。

そして、すかさずご褒美となるおやつを与えるようにします。

音がなることはいいことだ。
音が鳴ったら美味しいおやつがもらえる!

と何度も頭に刷り込むようにします。

猫にお手をさせる・用意するもの

用意するものといっても大したものは必要ありません。

  • クリッカー
  • ターゲット棒
  • ご褒美のおやつ

 

クリッカーは音が鳴るものであれば何でも良い

クリッカーと呼ばれるボタンを押せばカチッとなるペット用しつけ用品が販売されています。

 

我が家でもひとつ購入しました。

が、届いて音を鳴らしてみると、それはまさにボールペンのノック音とほぼ変わらないような音です。

よくよくトレーニングの本を見てみるとボールペンでも代用が効くとの記載がありました…。

まあ500円程度なので、失敗したとは思いたくありません😂

うまい方は、自分の舌で「コンコン!」っとはじけるような音を出すみたいです。

しかし、一定の音でないと、猫ちゃんが混乱するようなので小道具があったほうがいいかもしれませんね!

 

ターゲット棒は菜箸で代用がきく

これも新しく購入する必要はないかもしれません。

長い棒であれば何でも構わないようです。

最初、遊ぶために使っていた猫じゃらしの柄の部分を使用しようとしました。

しかし、今まで遊んでいただけあって、ジャレてしまってトレーニングにはなりませんでした😂

だから今まで見たことのないようなものが望ましいと思われます。

いらなくなった菜箸を使用することにしました。

 

ご褒美になるおやつが意外に難しい。

今までおやつはチュールしか与えたことがありませんでした。

しかしチュールでは問題が・・・

それは液状タイプなので、素早くちょっとずつご褒美をあげることが難しいのです。

カリカリタイプの小粒で一粒ずつ与えやすいようなおやつが望ましいですね。

これが問題でした。

 

キャットフードは、猫の健康のことを考えて無添加でグレインフリーのものを与えています。

でも、ご褒美として使うおやつが、添加物や人工的な保存料などがゴリゴリに入っていたら今まで気遣っていたものが台無しになってしまいます…。

 

で、無添加でカリカリのおやつ・・・かなり探しました!

ウェルネスという会社が出しているおやつです。

クランベリーという腎臓病・尿路結石などにも効果的な果物成分が入っているものを選びました。

難点としては今食べさせているキャットフードよりもひと粒が大きいので半分に割ってご褒美として与えています。

最初から、毛嫌いすることなくパクパク美味しそうに食べてくれてます!

 

 

猫にお手をさせる完全マスター手順!

まずはご褒美とクリック音を意識付け。

猫の正面に座りカチッとクリッカーを一度ならしてすぐにご褒美のおやつを1粒上げます。

 

一番最初はターゲット棒は必要ありません。

これを5回程度繰り返して、カチッとなればご褒美がもらえるという意識付けをさせてあげてください。

カチッと鳴ったらたまらない!

 

顔の前にターゲット棒を出す

猫の顔の前にターゲット棒を出します。最初のうちは顔を近づけようとしたらOK!

そしたらカチッと鳴らせてご褒美をあげます。

何度か行っているうちに自分の鼻を棒の先にタッチしてきます。

これでOK!この時もクリッカーを鳴らしてご褒美をあげてください。

これで鼻タッチはマスターです!

 

指で猫の手をちょんちょんとしてお手という

次は、目の前にターゲット棒を出すのではなく、若干視線が落ちるような、猫の手の前ぐらいに棒を出します。

「お手」とはっきり言うようにコマンドを言います。

あなたの指で猫の手の先をおちょんちょんと触ります。

猫が手をあげようとしたらまずはOK!

カチッと鳴らして、ご褒美をあげてください。

それを何度か繰り返しているとターゲット棒をタッチしてくれるようになります。

これでターゲット棒にお手は成功しました!

次第に猫の手の近くにターゲット棒を出すのではなく、横に移動させたり、少し離れた場所でターゲット棒を差し出したりしてやってみてください。

ちゃんと追いかけてくるようになりますよ!

 

指を棒のようにしてお手の練習

次はターゲット棒ではなく、あなたの指を使うようにしましょう。

ピンっと人差し指を伸ばしてターゲット棒のようにします 。

最初は猫は戸惑うかもしれませんが、何度も繰り返しているとあなたの指にもお手をしてくれますよ!

 

指をもう片方の手のひらの上に乗せる

最終段階!

あなたの指をもう片方の手のひらの上に乗せながら「お手」といいます。

今までターゲット棒やあなたの指に対して「お手」をしてきたので、それがもう片方の手のひらの上に乗っているので、そこを目指してやってきます。

あなたの指先に触れようとした瞬間、指をすっと引いて、あなたの手に平に猫の手が触れるようにします。

これも最初からはできないかもしれないので、やろうとしたらご褒美をあげるを繰り返します。

まとめ

ご褒美で釣ってる感が否めないですが、かなり楽にマスターすることができますよ!

こういった感じで、「抱っこ」「おいで」「爪切り」「おくすり投与」なども次第に簡単にできるようになってくるようです。

 

猫ちゃんが犬のようにコマンドを言うだけで、言うことを聞いてくれるって凄いですよね!

我が家もまだまだ始めたばかりですが、これからも色々一緒に楽しんで覚えさせて行きたいと思います。

わたしたちが購入した「猫のしつけの本」は、他の方のレビューや評価も高く、うちの猫ちゃんたちもすぐに「お手」ができました!

 

購入した本はこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。